よしなしごと固まりました

2007年05月23日

実験作・その2

昨日に引き続き実験を。


LGBって実験に向いている逸材?


実験プログラム2:説明文つき音楽ゲーム ダウンロード(248KB)
Spreadism NEOのステージ選択画面をLGB(ベースのソフト)に肩代わりさせてみました。
説明文をつけてわかりやすくなったんじゃないかなと思います。
既存のクラシックアレンジを6ステージ収録しております。

うむ、こういう感じで説明文つきだと、初めての人にもとっつきやすくなるかもしれませんね。
その1よりも実用性はありそうです。

実験作をまとめたページをそのうち作ろうっと。

ik7_teikoku at 23:00│Comments(2) 実験作品 

この記事へのコメント

1. Posted by けいあい   2007年05月26日 22:59
一連の実験作を見ていると、一度、オペラかミュージカルを一作まるごとSpreadism NEOにする必要があると思いますな。

ストーリー→音楽→ストーリー→音楽

という構成ができるということの凄さを示すには、オペラがミュージカルしかないでしょう。

ストーリーはダイジェストにし、曲は有名な部分だけを切り出せば、アルバムを作るのと同じ程度の手間でできるのではないかな、と思うのですが。
2. Posted by ていこく   2007年05月27日 13:29
こんにちは、けいあいさん。
お、オペラかミュージカル…ですか…。
何か壮大な感じがしますね…。

まぁ、今回のはLGBから別のゲームを起動するという実験だったわけで、別のゲームってのがたまたまSpreadism NEOだった、というわけなんですけど…。

>ストーリーはダイジェストにし、曲は有名な部分だけを切り出せば
なるほど、そういう方向もあるなぁ…。
提言ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
よしなしごと固まりました