ファミコンソフトはうまっち季節はずれ

2010年04月02日

新作動画

最近は動画の製作に邁進しております。
んで、こんなのを作ってみました。

パワプロ2009:今日の試合のホームラン

ニコニコ動画に上げているパワプロのプレイ動画のおまけとして作った動画です。
ブログで書いた時点で最新であるpart34で取り上げた試合でホームランが敵味方合わせて11本という大規模空中戦になったので、そのホームランシーンだけをひとまとめにして音楽をつけた動画です。
某野球ニュースの中の有名なコーナーを意識して作ってみましたが…。
ちなみにBGMは「修復機神バグバスター」を動画に合わせて調整したものを使っています。


特定のシーンでの定番BGMってありますよね。
例えばF1レースならT-SQUAREの「TRUTH」、手品だったらポール・モーリアの「オリーブの首飾り」、ドッキリ番組の繰り返し再生部分で「マンボNo.5」とか。
で、こういったホームラン集ではJames Lastの「Vibration」という曲が定番らしいです(元ネタのホームランのコーナーで使われていたから)
曲名を聞いたことがないという人も、曲は聞いたことあるんじゃないでしょうか。

おまけ:通常のパワプロ動画を作るに要する時間
・実際のプレイ状況を録画する→約30〜40分
・MP4形式で録画された動画を、ウインドウズムービーメーカーで使えるようにWMV形式に圧縮する→約4〜5時間(8分ぶんを圧縮するのにだいたい1時間)
・必要なシーンを抜き出す(ここで約10分前後に編集)→約1時間
・再度WMV形式として出力→約30〜40分
・ニコニコムービーメーカーで動画を読み込みコメントを追加→約1時間
・ニコニコムービーメーカーで完成動画を作成し、ニコニコ動画に上げる→約1時間〜1時間30分
というわけで、1つの動画を作るのに約8〜10時間かかります(^_^;
マシンスペックが高くなれば、圧縮や動画製作の段階の時間は短縮されるのかな?

それにしても、動画もオリジナル作品がもう少し評価されてもいいと思うんです。
音楽やゲームなどでもそうですが、動画はことのほかオリジナル作品があまり評価されない分野ではないかな、と。
やはりというかメジャーな作品の二次創作のほうが人気があって評価されやすい気がします。
地味でマイナー、けれども良質な動画はもっと評価されてもいいんじゃないかな、と思います。
…ま、私の動画は地味でマイナーですが、良質からは遠くかけ離れていますがね。


ik7_teikoku at 22:37│Comments(0) その他自作品 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ファミコンソフトはうまっち季節はずれ