取り留めもないことを空想する昔の雑誌をざっと見た

2015年11月15日

自作ツール紹介動画

 ツールを作ったのでその紹介動画です。

 なお、まだ公開は未定です。
 最初は講座動画を出そうと思ったのですが、需要がなさそうだったので紹介動画に変更しました。
 今は例えばJavaScriptなら、node.jsとかenchant.jsなど、ゲーム制作のサポートをする有名なスクリプトがいくつもありますし…。


ik7_teikoku at 22:47│Comments(2) その他自作品 

この記事へのコメント

1. Posted by けいあい   2015年11月19日 21:25
LOCATE命令を見ると、初めてプログラミングをした日のことを思い出しますね。

他にもBEEP命令とか、GPRINT命令とか、今のパソコンでは使わない命令がたくさんありました・・・。BEEP命令をたくさん並べて曲を演奏したり、GPRINT命令でキャラクターを作ったりしていました。

ああいうのって不自由さゆえの美学、みたいなものがあったなあ、と思います。
2. Posted by ていこく   2015年11月19日 23:49
目指したのは「あの頃」のプログラミング環境ですね。
確かにLOCATE命令はいかにも昔のBASICを象徴するような命令だと思います。
BEEP命令で音を変えながら音楽を演奏した経験は私にもありましたね。

>不自由さゆえの美学
私は「制限の中の美」と呼んでいましたね。制限されていた中でいかにして作るかが、プログラマーとしての腕の見せ所だと、今でも信じてます。
ベーマガやMSX-FAN、ポケコンジャーナルといったパソコン雑誌に投稿されていたプログラムはどれもすごいな、と感じていたものです。

今は自由に何でもできるようになりました。
音楽もグラフィックも演出も派手なことができるようになった、というよりそれが当たり前になってきました。
…多分このツール、そんな時代の中ではとても受け入れられないんじゃないかなぁ、と思ったのも公開を控えている理由の一つだったりします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
取り留めもないことを空想する昔の雑誌をざっと見た