新作MIDI紹介新作MIDI紹介

2016年09月14日

自作曲について思うこと

 当サイトは現在3代目ですが、初代からずっと自作品、特にゲームと音楽を掲載し続けています。
 音楽、主にMIDIですが、初代開設してから十数年コツコツと作り続けて、先日225曲目をサイトに掲載しました。
 MUSIC集のコーナーは1ページにつき25曲掲載しているので9ページが埋まったことになります。
 この他にも作りかけで終わったり、作っても掲載しなかった曲もあるので、それも合わせると300曲くらい作った気がします。

 でも最近作ってて「なんか作る曲が中途半端だなー」と感じることが多いのです。
 何故かと考えてみれば「自分の作りたいテーマではない」からではないかと思います。

 自分の作りたい曲のテーマ、最初の頃作っていた曲、そもそもその目的は何か。
 私の場合「『自作ゲームのBGM』として自分の曲を使いたい」というのがあります。
 なので、初期の頃は結構シンプルで、1ループが短く、同時に鳴らす音も3〜4程度だったのです。
 例えばNo.16「Solemnity」やNo.24「永遠なる虚空」、No.56「廃墟141番地」やNo.74「knock in the dark(2006 Version)」などが挙げられます。

 それがだんだん色気を出してきたというのでしょうか、複雑なリズムを多用したり、ドラムを盛り込むようにして、同時に6音とか鳴らすようになり、さらにはループせずに終わらせてしまったり…なんというか、BGMではなくメインで鳴らすような音楽を作るようになってきました。
 ボーカル曲だったり、インストでも音楽ゲームで流れるようなスタイルの曲だったりして…。

 元々がシンプルなBGMを作っていたのに、急にメインを張るような曲を作ったらどうなるか。
 すべりますよね。ダダすべりですわ。
 現に、あるフリーソフトの音楽ゲームで、楽曲を募集していたので、何曲か送ったのですが、ことごとく落ちましたもの。
 まぁこの時は「自分の曲は受けるんじゃないか」と錯覚していたときですね。

 これからは身の程をわきまえて、身の丈に合った作品を作っていかねばと思います。
 BGM、特にゲームのBGMに合うようにシンプルなのを。イメージはこんな感じです。

 ・1ループは16〜32節程度
 ・同時に鳴らす音は3〜4音程度
 ・ドラムは使わないかリズムを刻む程度の目立たない感じ
 ・オリジナルも作るが、クラシックの一節や民謡のアレンジとかも作っていく

 今回の「故郷の空 ウエスタン風」や前作の「鐘は遠くで鳴る」は上のアプローチで作ったものです。
 これからもこういった曲を続けて作っていきたいものです。

ik7_teikoku at 20:47│Comments(0) 雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新作MIDI紹介新作MIDI紹介