久しぶりにインベンター気質

2018年11月03日

久しぶりにゲーム作成(ただし試作のみ)

数日前に思いついたゲームのような何かが完成したのでプレイ動画を貼っておきます。
どんなゲームなのかは動画を見ていただければ。


簡単に説明すると、すごろくのボードのようにパネルが並んでいますが、それをうまく並べ替えて(回数に制限あり)、出目の決まったサイコロの目とパネルの内容に従ってコマを進めていき、ちょうどでゴールのマスにたどり着けばクリアという、まぁそんな感じのシンプルなゲームです。

ただこのゲームのアイデアは、最初からこうしようと意気込んでたわけではなく、「突然降ってきた」といった感じです。
数日前、最近ゲームを作ってないし、そろそろ作りたいなーと思いつつもいろいろ考えていたのですが、どうもしっくりこずにちょっと焦っていました。
そんなとき、突然この「ボードゲームの盤面を使ったパズル」が閃きました。ほんとに何の前触れもなく。
というのも、「ボードゲーム」は考えていた、というか検討していましたが、「パズルゲーム」はまったく考えてなかった、パの字も出てこなかったのです。
しかし「あれこれ面白くねぇ?」と感じ、このひらめきを実現化するべく急ピッチで作成、出来上がったのが動画のゲームというわけです。

「すごろくのルールで進める」は元々ボードゲームを作ろうとしていたし、横一列に並んだパネルのうちの2か所を入れ替えるというのは昔作ったミニゲームでやってたこと、そして出目が固定化しているサイコロのアイデアは、昔他の人がボードゲームで採り入れていたギミックを参考にし、つまり今回のパズルゲームはこの3つの要素を組み合わせで作ったものです。特段真新しいアイデアはありません。

ただ、今回のゲームはあくまで「ひらめきを形にする」のが目的だったため、実際の公開予定はありません。
公開するとしたらステージデータをたくさん用意して、BGMや効果音つけて、タイトル画面つけて…ってなりますが、ぶっちゃけめんどくさいw
あとExcel VBAで作ったけど公開するときは64ビット版Excelで動くか確認しないといけない(開発環境は32ビット版のExcel2010)というのもありますし…
完成品を見て「アイデアの時点では面白いかと思ったけど、実現させてみたらそれほどでもなかったわ」って感じたのも進めなかった理由としてあります。

それに…こんなシンプルな画面構成のゲームなんて、20年前の個人製作ゲームが盛り上がってた時代ならともかく、グラフィック&演出重視(重視というか偏重っぽい気もしますが)の現代ではとても受け入れられるものではないと思います^^;
公開したところでダウンロード数もたかが知れてますし…。

今回の作品に限らずですが、うちのゲームは、昔の歌謡曲の一節を借りるならば、「絵(綺麗なグラフィック)もない、華(かわいい女の子)もない、歌(豪華な音楽やSE、ボイス)もない、飾る言葉(ストーリーなど補完するもの)もシャレ(作り手のセンス)もない」そんなゲームです。

とにもかくにも、頭の中のアイデアを実現させるって楽しいですね。
今回のゲーム(のような何か)は目的が達成されたので良しとします。


ik7_teikoku at 16:12│Comments(0) 自作ゲーム 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久しぶりにインベンター気質