平成最後の記事体験版のスタイルについて考える

2019年05月26日

最初にやるか、最後までやらないか

 数年前からツイッターがメインになってこのブログはあまり更新されなくなりました。
 まぁ、それ以前からこのブログを見てる人はほとんどいないと思いますが(笑)


 ツイッターのタイムラインでいろんな製作ゲームのツイートがありますが、それらを見ていったら、自分が考えていたものが、自分の持っている技術力より遥かに上の次元で実現していたり、自分が考えもしなかったアイデアを盛り込んでいる作品も多く、正直持ってるネタとインスピレーションと気力が全部吹っ飛びました。

 だって先駆者いるのに、それより技術力が低い作品を出してもしゃーないですやん(´・ω・`)
 大手みたいにブランド力があるわけでもなし、人脈も財力もないし。
 アイデアで勝負するしかないと思ったけど、それも塞がれちゃどうにもなりません。
 人事を尽くす前に天命が決まってるって感じです。

 自分も今までゲームを作ってきて、ちょっとは自慢というか自信になっていましたが、現実を見てみるとゲーム制作者ではなくただのモドキ、井の中の蛙だったわけで、ややもすると夜郎自大なところもあったかもしれません。蛙は大海に出たら溺れるだけですね。

 ゲームに限らないですが、世の中は「先願主義」なところがあると思います。
 まぁざっくりいうと「早い者勝ち」って意味ですね。
 ファッションに関してだったと記憶してますが、「最初にやった人は英雄、最後までやらなかった人は豪傑、それ以外はみんな愚か者」という言葉があったと思います。

 最近の自分、伸び悩んでいる感じはしますね。ゲームのリリースも年に1本あるかないかだし…。
 いろいろ考えてたら、疲れてきちゃいましたね。


ik7_teikoku at 21:54│Comments(2) 雑記 

この記事へのコメント

1. Posted by Hello T-Alpha!!   2019年06月04日 21:44
こんばんわ。T-Alpha更新された際にWEB拍手させていただいた者です。ご返信ありがとうございました。

ていこくさんのお気持ちすごいわかります。現代における時代のスピード感は昭和の頃よりはるかにありますよね。

本当に疲れますよね。葛藤に悩む暇さえ与えない時代というのも問題です。心の中ではこの手探りで暴走して突っ走る感じにみんな疲れを感じているはずです。職場でもたまにそんな話をしています。おっさん同士で(笑)

私も、別の分野ではありますが、でかい事を実現させるために日夜励んでいますが、時代の変化がトリッキーすぎて振り回されてる感は否めません。

この暴走した時代が放つメダパニやマヌーサにかからないように、こまめに水分じゃありませんが、こまめに気持ちをリフレッシュするのが大事だと思います。こんな時代だからこそ。

アイデアで勝負。いいと思いますよ!最終的に蓋を開ければアイデアが功を奏してたなんて事は多々あるはずです。いつの時代も。今の時代は蓋がものすごく重量がありますけどね(笑)

畑は違いますが、とても共感できたのでコメントさせていただきました。応援してますよ。ていこくさん!!

長文失礼しました。それでは。
2. Posted by ていこく   2019年06月08日 09:14
Hello T-Alpha!! さん
コメント誠に痛み入ります。

ジャネーの法則さながらに、年齢がというより時代が進むたびに世間のスピードは加速度的に上がっている気がします。

メダパニやマヌーサは言いえて妙ですね。
確かに情報量が多く混乱したり惑わされたりしますね。その情報も玉石混淆なので、自分に必要な情報を自分で精査する必要も出てきます。
昔もそうだったかもしれませんが、今の時代、これからの時代は「何かやり遂げよう」とするのには相当なパワーが必要になっているのだと考えます。それこそ持ち上げる蓋が厚く重くなっている感じです。
適度にリフレッシュして消耗したパワーを回復しつつ、持ち上げるパワーを溜めていく必要がありますね。

私にも野望というか、私の場合は「いずれこういうことをやってみたいな」という漠然とした考えですが、それはありますね。
漠然としているため、いつ実現するかわかりませんが…^^;

Hello T-Alpha!!さんの「でかい事」の実現、陰ながら応援いたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
平成最後の記事体験版のスタイルについて考える