最初にやるか、最後までやらないかゲームについてのよしなしごと

2019年06月25日

体験版のスタイルについて考える

 ツイッターで呟いたことをまとめてみました。


「演出やグラフィックなどを本格化して最後まで遊べる」ゲームの体験版は、「本格化だが序盤しか遊べない」と「簡略化だが最後まで遊べる」のどっちがいいかと考えてみましたが、前者が普通に好まれるでしょうね…。
 そういう点ではこの質問は愚問でしょうが…でも後者のアプローチもアリだとは思うんですよ。

 前者の場合、重きを置くのは、つまり体験版で評価される(良ければ製品版を買う)のは「グラフィックや音楽、シナリオなどの演出」→「ゲーム本編などのシステム」の順番。
 一方後者の場合は「システム」→「演出」の順番になります。
 どっちが作る側にとって自信が持てるのか、それによってウェイトが変わるかと。

 定番もの、例えばリバーシや将棋、またはSLGやRPGなどならば、システムはある程度完成されてます(新規追加もあるでしょうがウェイトは低い)から演出重視の前者がいいでしょう。
 一方でボードゲームなど、独自ルールのゲームの場合はシステムを見てもらいたいでしょうから後者が向いてると思います。

 最近は、製品版が体験版あるいはオープンベータ版みたい出来のものも少なからず見受けられます。
 個人製作や同人ならまだしも、企業が、それも大手や老舗と呼ばれるところですらも、そんなゲームを出してくるご時世です。
 今の時代は「オンラインパッチ」という万能薬がありますから、もしかしたら最初のリリースは未完成品でいいやという認識も持っているのではないかと勘繰っちゃいますね。


ik7_teikoku at 20:19│Comments(0) 雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最初にやるか、最後までやらないかゲームについてのよしなしごと