動画投稿バイオレットオーシャン

2019年09月22日

自作ゲームの致命的な欠点

 ゲームの構想は頭の中でできているのですが、それを紙に起こそうとすると手が止まってちっとも進みません。どうしたらいいんでしょうか…。
 なんでしょうね、いざやろうとすると、規模の大きさに唖然となるというか…。
 頭の中はある意味広大無辺だからどんなに規模がでかくても置いておけるんですよね…現実世界の机の狭さよ。


 これまで作ったゲームを振り替えてみますと、総じてシンプルすぎて演出やグラフィックが皆無。
 ゲームのシステムを作るのは好きなんですが、昔からグラフィックや演出は苦手でして…。
 これはアナログゲームならまだしも、現在のデジタルゲームだと致命的ですね。

 とすると、ゲームのシステムを作るけど、グラフィックや演出はほかの人に任せてゲームを完成させる、という方法がベストなのかもしれません。
 もちろんすべてを一人で作り上げることができればそれがいいんでしょうけど。

 ただ、私の作るゲームのシステムは、世にあまた出ている作品に比べると凡そ規模も小さいし質もそれなりなので、よくツイッターでクリエイターの人が言うような「グラフィックと演出つけてくださいお願いします」と頼むまでに至らぬというのが正直なところですな。
 これからも自分一人で作っていきますわ…。

 んで、新作ゲームをそろそろ出したいなと思ってるのですが、冒頭に上げたとおりネタはあるけど実現にまで至ってないってのが現状です。
 ゲームのアイデアを思いついたとき「これ良さそう、面白そう!」と喜ぶんですが、詰めていくと「あれ、これ大したことないのでは…」とちょっと期待外れなことになるのも多々。
 まぁ「思いつくアイデアの99%以上は世に出ることなく埋没し、世に出て豊かな実を結ぶアイデアは100に1つもない」という話もありますし…。
 これは根気よくやっていくしかないようですね。


ik7_teikoku at 22:04│Comments(0) 雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
動画投稿バイオレットオーシャン